2005年10月25日

ロケーションフリーベースステーション LF-PK1

☆おすすめ品☆ロケーションフリーベースステーション ソニー(SONY) LF-PK1外出先や出張先で、自宅のテレビやHDD/DVDレコーダーの番組を見ることができる・・・しかもPSPで!

ちまたで話題沸騰の「ロケーションフリーテレビ」。LF-PK1とPSPを早速入手しましたので、使い勝手をご紹介します。

なお、LF-PK1は今どこでも在庫がなく入荷待ちの状態です。早めにオーダーを入れておいた方が良いでしょう。

Sony のロケーションフリーテレビにはこれまで、専用のワイヤレステレビとセットになったものがありましたが、このLF-PK1は、パソコンやPSPに画像を映し出すように設計されています。

自宅で映像を見る場合は、LF-PK1が無線LANのベースステーションとなり、パソコン・PSPが無線LANの端末として動作します。

外出先で映像を見る場合は、LF-PK1にイーサネット経由でインターネットに接続し、外部からアクセスできるように設定します。そして、パソコンやPSPも外部のインターネットに接続できる環境にて、インターネット経由でベースステーションに接続します。

こう書くと設定が難しそうに感じると思います。私はネットワークの設定はあまり苦にしない方ですが、それでも「うちのインターネット環境でちゃんと動くのだろうか」と心配して、兄弟モデルであるLF-X5の取扱説明書をダウンロードして調べてみたりしました。

しかし、案ずるより産むが易し!設定はめちゃめちゃ簡単でした。以下の条件を満たしていれば、ネットワークの知識はほとんど要りません。

(1) 上りの帯域幅が300Kbps以上のブロードバンドであること。 http://www.faq.sonydrive.jp/fQA.php?qid=29941
(2) インターネットサービスプロバイダーがグローバルアドレスを割り当ててくれること http://www.faq.sonydrive.jp/fQA.php?qid=31904
(3) ルーターを使用してる場合、そのルーターがUPnPに対応していること

(1)の条件は必須です。電話回線によるダイアルアップ接続やISDNでは使えません。またADSLでも速度がでない場合は厳しいと思います。高速なADSL、光ファイバー、CATVがおすすめです。

(2)の条件も必須です。今お使いのインターネットサービスプロバイダーがこの条件を満たさない場合はLF-PK1は使えません。

(3)の条件は必須ではありませんが、この場合ルーターを手動で設定しなければなりませんので、できれば詳しい人にやってもらう方が良いでしょう。

その他、詳しい設定手順などは以下のレビュー記事が参考になります。
So-net blog:C-TECバックルーム2:PSPとLF-PK1がつながった!

清水理史の「イニシャルB」:ソニーの新型ロケーションフリー「LF-PK1」

ロケーションフリー・プレイヤー PSP向け解説
posted by Kojima at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ちグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。